翻訳サービス

登記簿英訳は登記簿翻訳ドットコムにお任せ下さい。

登記簿翻訳ドットコムの登記簿の翻訳

登記簿の翻訳および校正は登記簿翻訳ドットコムの熟練の翻訳者が行います。日本語人翻訳者と英語ネイティブの翻訳者がペアで翻訳を行い、その後別の翻訳者が入念に詳細をチェックします。
登記簿翻訳ドットコムの登記簿謄本の翻訳は正確で、誤訳はありません。用語は基本的に内閣官房の法令翻訳データで公表されている会社法、民本の英訳に使われている用語を使用しています。書式も原本の同じように作成いたします。提出先で翻訳文を読む英語話者にとって読みやすい翻訳をお届けいたします。
商業登記簿謄本又は抄本にはいろいろ種類がありますが、最も多くご依頼頂くのは履歴事項全部証明書の翻訳です。その他には現在事項全部証明書、現在事項一部証明書、閉鎖事項全部証明書、閉鎖事項一部証明書などがありますが、どの書類の翻訳が必要かは提出先に直接お問い合わせください。

翻訳証明書

登記簿翻訳ドットコムでは、登記簿の翻訳完成後、翻訳証明書を添付して納品しています。翻訳者の国家資格や免許のない日本では、公的翻訳に相当するものとして翻訳証明書が認められています。この翻訳証明書には翻訳会社の住所、電話番号、翻訳者の氏名、会社の印鑑が付されています。登記簿翻訳ドットコムの翻訳証明書は、上記情報の含まれた当社のレターヘッドに印刷され、社印を捺印し、翻訳責任者がこれに署名をいたします。提出機関の書類要件に「certified translation」と書かれている場合、翻訳証明書で足りることが多いようですが、提出先の国、機関によっては、翻訳の公証を要求する場合などがあります。公証「notarization」「notary」が必要な場合はこちらをご参照ください。